お家で「好き」を仕事にしたい!ぱるのブログ

ぱるろぐ

記事広告

【フィリピン就職】GENSAI利用者にインタビュー!口コミや評判は?

投稿日:2018年7月13日 更新日:

「GENSAIで就職活動をしてみようかな……」と考えているあなた!

この記事はフィリピンの人材紹介会社『GENSAI Career Consulting Corp』の提供で、「実際にGENSAIでフィリピン就職をしたみなよさんへのインタビュー」をご紹介していきます。

  • そもそもフィリピン就職ってどうなの?
  • GENSAIを選んだきっかけ
  • GENSAIのメリット・デメリット

などなど、フィリピン就職を考えている人にも参考になるハズ。ぜひ参考にしてみてください!

フィリピンで就職する理由

Q.どうしてフィリピンで就職したんですか?

みなよ
理由は3つあります!

  1. 英語が公用語だから
  2. 日本からのアクセスが良いから
  3. フィリピン人が明るくてフレンドリーだから

①英語が公用語だから

フィリピンは英語が公用語だから、フィリピン人はみんな小さい頃から英語を話せます。

「英語で仕事がしたい」と思ったら、なにも欧米に飛ぶ必要はないんですよね。

フィリピンは今経済力もつけてきてますし、英語で仕事がしたい人にはぴったりの場所です。

②日本からのアクセスが良いから

フィリピンは日本からアクセスが良い

日本からフィリピンまでは飛行機で1本!時間も5時間程度です。

日本でも新幹線で東京から博多まで行こうと思ったら5時間かかりますし、そう考えると「めちゃくちゃ遠くに行く!」って感じでもありません。

「なかなか帰ってこれない!」ってわけではないのが良いですね。

③フィリピン人が明るくてフレンドリーだから

まずフィリピン人はとてもフレンドリーな方が多いです。

このあと紹介していきますが、フィリピン人のスタッフさんもびっくりするくらい親切!!

国民性も明るくて、心から笑顔で仕事がしたい人にはすごく向いてるんじゃないかなと思います。

GENSAIで就職活動をはじめたきっかけ

Q.どうしてGENSAIで就職活動をはじめたんですか?

みなよ
もともとF2Fで語学留学をしていたので、必然的にGENSAIを使いました。

F2Fに留学したのがきっかけ

F2Fとは「Face to Face English School」の略で、フィリピンにある語学学校です。
関連フィリピン留学ならFace to Face。学校の魅力や“裏話”まで聞いてきた!

そんなF2FとGENSAIは提携しているため、F2Fの留学生でフィリピンに就職したい!って人はそのままGENSAIで就職活動をすることが多いそうです。

また、F2Fの寮にはGENSAIのスタッフさんも何人か住んでいて、語学留学中も話す機会はたくさんあるようでした。

みなよ
スタッフさんが自分のことをよく知ってくれてたのは良かったです!

F2FのハウスにGENSAIのスタッフさんが住んでる

もちろん英語の面接対策や履歴書作りなどのサポートもしてくれます。

履歴書や面接のサポートをしてくれた

みなよ
F2Fの先生が面接練習に付き合ってくれることもあって、すごく助かりました!頼んだら快く引き受けてくれました。

フィリピンで就職する前・後の英語力

フィリピン就職での英語力

Q.就活当時の英語力と今の英語力ってどう変わりました?

みなよ
大学の専攻が英語だったんですけど、はじめは単語は知っててもうまく伝えられませんでした。

みなよ
でも留学中にどんどん喋れるようになっていって、就職した今ではビジネス英語が使えるようになってます。

先ほども紹介したように、就職活動前に4ヶ月程度の語学留学をしてるみなよさん。

はじめは恥ずかしさもあってなかなか話せなかったようですが、先生と仲良くなるにつれて英語力は上がっていったそうです。

特に月に1回あるテストでは、毎月のように点数が上がっていったとか。

就職後は留学中と比べたら英語を話す量は減ったそうですが、今度はビジネス英語を話すようになったので、英語力もまだまだ伸びているそうです。

みなよ
私の会社は無料で英語のレッスンもしてくれます!

フィリピン就職に必要な職歴

フィリピン就職では職歴はあった方が良い

Q.みなよさんは日本でも働いていたんですか?

みなよ
大学卒業して4年間、地元の金融機関で働いてました。

Q.正直、フィリピン就職でも日本での職歴は有利になりますか?

みなよ
職歴はあったほうが有利です!職歴がないと面接にこぎつけるのも大変と聞いたことがあります。

私が先日GENSAIについて調べた記事でも、このようにまとめました。

Q. 新卒でもフィリピンでの就職はできるの?
A. 新卒の場合は「職歴」の面で不利になることが多いので、3年くらいの職歴があったほうが望ましいです。ただ、新卒で就職した人もいるそうです!

職歴がなくても就職した例はありますが、やはり職歴面は重視されるようです。

「ちゃんと日本で働いてた!」っていうのが信用に繋がってるんだと思います。

フィリピン就職での準備〜面接までの流れ!面接は英語?日本語?

Q.日系企業は「日本語で面接する場合もある」って聞いたんですが、どうでした?

みなよ
日本語の面接だけでした!

みなよさんは日系の企業に就職して、実際に面接も日本語だけだったそうです。

「日本語の面接も自信ない……」って思った方も安心してください!

GENSAIでは英語の面接対策はもちろん、日本語での面接対策もしっかりサポートしてくれるそうです。

ちなみに入社したら英語は使うので、英語はしっかり勉強しておきましょうね。

フィリピン企業の待遇

Q.ぶっちゃけ待遇はどうでした?

みなよ
私が就職した会社のことしか話せませんが……

  • 保険
  • 家賃手当
  • 有給

があるので、全然不満はないです!

みなよさんは日系の企業に勤めていますが、同じように日系の企業なら他も同じような待遇じゃないかな?とおっしゃっていました。

あとびっくりしたのが住んでるコンドミニアム(宿泊施設)がすごかったところ!!

会社と契約してる不動産屋さんを紹介してもらったそうですが、そこがすごい。都会の中心で、セキュリティがしっかりしてて、プールやジムがついてます。

中までは載せれませんが、景色を送ってくれました。めっちゃ都会の景色です。

GENSAIでフィリピン就職するメリット・デメリット

Q.最後にGENSAIの良かったところ・悪かったところを教えてください!

みなよ
良かったところはたくさんあります!

良かったところ

  1. フレンドリーで相談しやすい
  2. スタッフさんが親切
  3. 面接対策などのサポートをしてくれる
  4. 1人で悩む必要がない

GENSAIのスタッフは親切

スタッフさんは平日の勤務時間外でも相談に乗ってくれたし、受ける企業の面接会場までついてきてくれたそうです。

すごく安心できるし、優しすぎません……?

フィリピン就職をする仲間に出会える

また、語学学校F2Fと連携してるので、将来フィリピン就職を考えてる人と簡単に繋がることもできるそうです。だから悩みなんてなかったとか!

就職後も近くのコンドミニアムに友達がいるので、仕事おわりに集まって近況報告をしたりしてるそう。「和カティ」でも日本人と交流できるので、寂しがりやの人でも全然問題ないとおっしゃってました◎

「和カティ」とはフィリピンに就職した日本人のためのコミュニティです。

FBグループがあったり、定期的に飲み会やイベントが行われたりと、日本人同士が気軽に交流できるコミュニティとなっています。

「海外就職で心細いかも……」と思うかたもご安心ください!

悪かったところ

  1. 当時は知名度が低くて少し心配だった

GENSAIの知名度に不安があった

今こそ日本人向けフリーペーパーに広告掲載をしていて知名度を上げていますが、当時はGENSAIの情報がほとんどなくて少し心配だったそう。

実際はスタッフさんの親切さがあってすぐに安心できたみたいですが、最初は不安になっちゃいますよね。

おわりに:GENSAIはとても親切な就職支援サービスだった!

GENSAIでフィリピン就職をしたみなよさんにお話をうかがってきました。

とにかくスタッフさんのサポートが手厚だし、まわりの環境もすごく良いな〜と感じました!

GENSAIの良かったところをまとめると、

  1. フレンドリーで相談しやすい
  2. スタッフさんが親切
  3. 面接対策などのサポートをしてくれる
  4. 1人で悩む必要がない

デメリットとしては

  1. 当時は知名度が低くて少し心配だった

ということで今はほとんど心配点はないのでは?と感じました。

「英語力が不安……」という方は、記事中で紹介した「Face to Face English School」で英語力を伸ばしながら就職活動をすることも可能です。
関連フィリピン留学ならFace to Face。学校の魅力や“裏話”まで聞いてきた!

フィリピン就職でどこの就職支援サービスを使おうか迷ってる方は、ぜひ参考にしてくださいね!

おすすめ関連記事

-記事広告

Copyright© ぱるろぐ , 2021 All Rights Reserved.