フィリピン就職のポイントと求人情報サイトGENSAIのご紹介!

▼FXのマル秘レポート発売中▼ ゆずうさぎ

今後大きな経済発展が予想されるフィリピン。

「海外で就職したい」と思ったときに、フィリピンでの就職も視野に入れている方は多いのではないでしょうか。

今回はフィリピンの人材紹介会社『GENSAI Career Consulting Corp』の提供で、

  • フィリピン就職のポイント
  • フィリピンでの就職方法
  • GENSAIが提供する就職支援
をご紹介していきます。

フィリピン就職を少しでも考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

フィリピン就職のポイント①年齢

20代前半〜30歳くらいまでの求人案件が多くなっています。

35歳くらいをすぎると案件が少なくなるので、フィリピンで就職をするなら若いうちにするのがベストです。

フィリピン就職のポイント②日本での職歴

日本での職歴があるほうが有利です!

職種は営業・事務・秘書・通訳・エンジニア・マネージャーなど様々です。

Q. 新卒でもフィリピンでの就職はできるの?

A. 新卒の場合は「職歴」の面で不利になることが多いので、3年くらいの職歴があったほうが望ましいです。ただ、新卒で就職した人もいるそうです!

フィリピン就職のポイント③日常会話レベルの英語力

就職先は日系企業がメインなので、実は社内では日本語も飛び交っています。

同僚たちと英語で日常会話ができればOK、というところも珍しくありません。

ただし通訳やマネージャークラスとなってくるとビジネス英語は必要。自分のつきたい職業・職種によっては変わってくるのでご注意ください。

特に日系企業では商談などの複雑なやり取りは日本語中心で行われることも多いため、正確な日本語を話すスキルも必要となってきます。

フィリピンでの就職方法

英語力の有無

「フィリピンで就職したい!」と思った方は、英語力に合わせた2パターンの就職活動方法をご紹介します。

①英語力に自信がない人

英語力に自信がない人は、語学留学をして英語力をつけてから就職活動をすることをおすすめします。

フィリピンには語学学校がたくさんありますし、他の国と比べてコスパが良いという特徴もあります。

『Face to Face English School』という語学学校では、英語の勉強はもちろん

  • 英語での面接対策
  • 履歴書のチェック
  • ビジネス英語(メールの書き方など)

などが学べます。

このあと紹介するGENSAIというフィリピンの求人・エージェントサービスと提携している学校なのですが、まずはここで英語の勉強をしてから就職活動をする人が多いそうです。

当ブログでは「フィリピン留学ならFace to Face。学校の魅力や“裏話”まで聞いてきた!」という記事も書いていますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

②英語力に自信がある人

ある程度英語力がある人は、求人情報サイトやエージェントを通して就職活動を進めていきましょう!

ここからはGENSAIというフィリピンの就職支援サービスをご紹介していきます。面接練習から書類作成のサポートまで手厚く行なっているサービスなので、ぜひチェックしてみてください。

GENSAIで就職活動をするメリット

GENSAIのメリット

GENSAIの就職支援サービスは、もともと語学学校からスタートしたものでした。

語学学校「Face to Face English School」と提携しているため、留学をしながら就職の準備を進めることも可能。また、日本人スタッフもいるため英語力に自信がない方も安心してご利用いただけます(2018年4月現在:フィリピン人8人、日本人2人)。

(もちろんすでに英語力がある方は就職支援のみも行なってますよ!)

GENSAIで就職活動をするメリットは、下記のようなものが挙げられます。

  • キャリアアドバイザーによる面談
  • 書類作成や模擬面接などのサポート
  • 面接日程の調整
  • 定期交流会「和カティ」の開催

キャリアアドバイザーによる面談

フィリピン就職に精通したスタッフたちがキャリアアドバイザーとして面談をしています。

フィリピンでの就職だけではなく、将来どのように活かしていけるかといった長期的なアドバイスをしてくれます。

書類作成や模擬面接などのサポート

英文レジュメの作成ももちろんサポート。

特に模擬面接はフィリピン人講師が行います。面接時によく使われる単語もここで覚えることができるので、しっかり練習しておきましょう!

面接日程の調整

企業との間に入って面接日のスケジュール調整も行なってくれます。

定期交流会「和カティ」の開催

「和カティ」とはフィリピンに就職した日本人のためのコミュニティです。

FBグループがあったり、定期的に飲み会やイベントが行われたりと、日本人同士が気軽に交流できるコミュニティとなっています。

「海外就職で心細いかも……」と思うかたもご安心ください!

GENSAIで就職活動をする流れ

内定までの流れ

さっそく具体的な内定の流れを見ていきましょう。

①登録

登録

まずGENSAI公式サイトへいき、無料会員登録をしていきます。

GENSAIに登録する

下記を入力したら登録は完了です。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 就職時期
  • 面談の希望(対面・Skype・まずはメールで質問)
  • その他

ここまでわずか1分!まずはメールで質問からでも可能なので、お気軽にご相談してみてください。

②面談

面談

面談は下記の方法で行われます。

  • 対面(マニラ・マカティ)
  • Skype(遠方・時間のない方)
  • (情報収集のみの場合はメール相談)

このときにあわせて求人情報もご紹介しています。

③テスト

テスト

簡単な英語力チェックテストを行います。

内容は下記の通りです。

  • 筆記(短い英文の和訳、日本語の英訳)
  • スピーキング(フィリピン人スタッフと10分ほどの会話)
いずれも基礎的な内容です。フィリピン就職のポイントでも説明しましたが、日常会話レベルの英語力でも十分就職可能。TOEICなどのスコアがない方でも就職実績はあります。

④準備

準備

いよいよ面接に向けての準備を進めていきます。

  1. 必要書類・履歴書の作成
  2. 面接の練習
  3. 応募

書類の作成では「必要書類」「日本語の履歴書」「英文のキャリアシート」を用意します。

あなたのキャリアや人間性が伝わるようスタッフがサポートしていますので、一緒に作成していきましょう。

キャリアシートに関しては、就職後に就労ビザを申請するときも使用します。しっかり作っておきましょう!

⑤面接

面接

書類選考は通常1週間程度で結果がでます。合格したらいよいよ面接!

1〜2回ほどの面接が行われ、日本語で行われる場合や英語で行われる場合の両方があります。

企業との日程調整はGENSAIスタッフが行なっています。

⑥内定

内定

内定・入社が決まったら、入社日を調整します。

あわせて住居を用意する必要がありますが、信頼できる不動産仲介会社を紹介するのでご安心ください!

住居は手当として会社から支給される場合もあります。

おわりに

フィリピン就職では主に

  1. 年齢(20代前半〜30歳)
  2. 日本での職歴(3年以上が望ましい)
  3. 日常会話レベルの英語力

がポイントとなるとご紹介してきました。

この記事で紹介したGENSAIは、語学学校Face to Face English Schoolと提携しているため、英語力を伸ばしながら就職活動をすることも可能です。
フィリピン留学ならFace to Face。学校の魅力や“裏話”まで聞いてきた!

GENSAIには日本人スタッフもおり、

  • キャリアアドバイザーによる面談
  • 書類作成や模擬面接などのサポート
  • 面接日程の調整
  • 定期交流会「和カティ」の開催

などなど魅力もたくさん。もちろん全て無料でサポートしております。

フィリピンで求人情報を探している方は、まずはメールで相談をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
▼節約術を学ぼう!スポンサーのりらさん▼
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

為になったらぽちっとシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。